旅行の豆知識・雑学

旅行ガイド > 旅行の豆知識・雑学 > キャンプ場での焚き火の必需品!持ち物チェックリストでグッズを確認

キャンプ場での焚き火の必需品!持ち物チェックリストでグッズを確認

キャンプと言えば焚き火(たきび)!むしろ、焚き火するためのキャンプ!という方も少なくないはず。今回は焚き火を安全により楽しむために必需品を解説!

初めてキャンプで焚き火を楽しむときの持ち物チェックリストとしても活用できる、必須アイテムの紹介です。

焚き火台

キャンプと言えば、どんなシチュエーションでも「焚き火(たきび)」は欠かせまんよね。

でも、注意しておきたいのは、どこでも好きな場所で好きなように焚き火をしていい訳ではありません。

実は「直火(じかび)」が禁止されているキャンプ場や場所が多い、ということは知っておくべき基本情報なのです!

そこで必要となるのが「焚き火台(たきびだい)」です。

使い方

では「焚き火台」の使い方をチェックしておきましょう。使い方は実にカンタンです!

組み立て式になっている製品が多く、底面となるアルミ板やステンレス版、チタン製など素材や形状など、様々なバリエーションがあります。

周囲のポールやプレートで支えて、底面が宙に浮くようになっているため、地面に炭や燃えカスが落ちない構造です。

直火が禁止されているキャンプ場には、U字型になっているコンクリートブロック「U字溝」が用意されていることもありますが、使用が許可されていれば「焚き火台」はぜひ用意しておきたいアイテムです。

人気の焚き火台

焚き火台は、多くのアウトドアメーカーやキャンプ用品ブランドから発売されています。

まずは、サイズや形状、重量といった種類から、自分にぴったりと思う商品を選んでみましょう! 最初はリーズナブルなものを使ってみて、もっと大きいのがイイなとか、もっとデザインにもこだわりたいと思ったら、2つ目はじっくり比較・検討してみてはいかがでしょうか。

芸人のヒロシさんが愛用していることでも注目されているスイス製「ピコグリル」など、人気の商品もチェックをしておくのもオススメです!ピコグリルについては、ほぼ同じデザインの類似品があるので、スイス製の正規販売店かどうかを確認してから購入しましょう。

ファイヤースターター/メタルマッチ

焚き火をする場所が決まったら、どうやって火を起こすかを考えてみましょう。

とくに拘りがなければ、ライターやマッチなどを使って、枯れ木や落ち葉、着火剤などに点火するのがカンタンですね。

でも、ちょっと本格的にアウトドアらしく火をおこすなら、「ファイヤースターター」に挑戦してみてはいかがでしょうか。ほぼ同じ意味で「メタルマッチ」とも呼ばます。

使い方

ファイヤースターターは一般的に、火打ち石のように、ふたつの硬い素材を勢いよく擦って火花を発生させるのが目的です。

その火花を、枯れ木や落ち葉などに引火させて、少しずつ火力を強くしてきます。 自分で火をおこす作業は楽しめるが「ファイヤースターター」なのです。

火吹き棒

では、次はしっかり火がついた後に便利なアイテムです。

なくても困りませんが、料理などでは火力のコントロールができると便利なのが「火吹き棒」です。

つまり自分で息を吹き込み、火力を効率良く強くするために使います。 直接、顔を近づけて息を吹くと、火の粉や灰が顔にかかったり、服が焦げて穴が空いてしまうことがあります。

火吹き棒は、素材や長さによって様々な種類があります。 数百円のリーズナブルなものもあれば、チタン製やアルミ製のしっかりとした製品、竹を使った自然素材なども。 自分の好みに合わせて、いくつか比較してみましょう。

火バサミ/焚火トング

焚き火を始めるときはもちろんですが、少し時間が経ってからは、薪や炭の位置を調整したり、新たに薪や炭を追加する場面が何度もでてきます。

そんなときに欠かせないのが「火バサミ」です。

キャンプ場はレンタルも一般的ですが、自分で用意していくのもオススメ! 焚き火台を購入するときに、同じメーカーの製品をセットで買っておくと、アーム部に置いて網のように使えたりもします。

大きな薪や調理器具を挟むことを考えると、しっかりとした太めの火バサミのほうが利便性があります。

キャンプケトル

では、焚き火を始めたあとに、使ってみたい便利なキャンプ用品をチェックしていきましょう。

焚き火は薪や炭を焚べたり、見ているだけでも楽しめますが、料理やお湯を沸かしたりすることもできますよね!

お湯を沸かすことができるだけでも、例えば、コーヒーを入れたり、カップラーメンを食べることもできます。

熱湯を用意するのに便利なのが、焚き火でお湯を沸かせる「キャンプケトル」です。

使い方

キャンプ用に販売されているケトルはどれも、基本的には焚き火で使用できる素材です。 水を入れたら、焚き火台の網や太い薪の上に追いて、沸騰するのを待つだけ!

もちろん、保温するだけが目的の似たような形状の商品もあるので、購入・使用時には間違えないようにしましょう。

キャンプ用ミトン/耐熱グローブ

焚き火を楽しむときには、火の粉が飛んだり、熱した容器・調理器具などを掴むときに、火傷しないように注意することも必要です

安全・安心に焚き火を楽しむために、ぜひ用意しておきたいのが「耐熱グローブ」です。

呼び方は様々で、例えば「キャンプ用ミトン」や「ファイヤーグローブ」、「ファイヤーサイドグローブ」など、メーカーや商品によってバリエーションがあります。

つまり、熱いものを持つときに、火傷しないようにするための「手袋」です。

チェア

最後は、焚き火をゆっくり楽しむための時間を過ごすアイテムです。

友人や家族、グループで焚き火を囲むなら、「キャンプ用のチェア」があると便利です! 呼び方は「キャンプチェア」や「アウトドアチェア」などいろいろありますが、多くが折りたたみで、持ち運びや保管に便利な仕様になっています。

地べたに直接座るのも雰囲気はありますが、長時間ならチェアがあると断然ラクです! また雨や朝露の後など、地面が湿っているときでも、チェアがあれば問題ありません。

キャンプ用のチェアは、サイズやデザイン、素材によって多くの種類がありますが、毎回、車で移動するのであれば、それなりに大きめのサイズを買っておいても良いでしょう。

最後に持ち物リストを再チェック

それでは、最後にキャンプ&焚き火に持っていきたい持ち物を確認!

  • 焚き火台
  • ファイヤースターター/ライター/マッチ
  • 火吹き棒
  • 火バサミ/焚火トング
  • キャンプケトル
  • キャンプ用ミトン/耐熱グローブ
  • 椅子/チェア

以上が最低限、焚き火するなら持参することを検討しておきたいキャンプ用品ですが、実際に何度か焚き火をしてみると、アレがあると便利だなとか、このキャンプ場ならコレは必要ないな、といった好みや実情がわかってくるもの。

キャンプ用品を扱うアウトドアショップでいろいろとチェックしてみたり、仲間と情報交換してみると、さらに多くのアイテムが見つかります。

初めてならまずは目的地のキャンプ場がどんな設備を用意しているのか、どんな焚き火ルールになっているのかもチェックしてみましょう。

» ページ上部へ戻る